岩橋杏奈

岩橋、「僕と岩橋杏奈と」第一話を公開しました。

投稿日:

こんにちは!!

BSJプロジェクト所属
《応援☆少女》の
ピンク&笑顔応援団長(^-^)

岩橋杏奈です♡.。

いつも読んでくれてありがとう😊

 

今回は、杏奈がたまにTwitterで
ツイートしている

 

 

#僕と岩橋杏奈と

 

 

っていうハッシュタグを使って
「僕(キミ)と岩橋杏奈が〇〇だったら」
っていう目線で書いてます✏️

 

実際杏奈が同じクラスにいたら
キミもちょっと
気になっちゃうのでは‥?笑

 

ってな感じで、
いつもTwitterでツイートしている
僕と岩橋杏奈と シリーズの番外編!

 

物語シリーズを
サラサラ〜っと書いてみました!✏️

 

 

ぜひこれを読んでいるキミは
「僕」になって読んでみてください!

 

 

まあ割とフィクションだし
実際とはちょっと違うかもだけど
だいたいこんな感じじゃんっていう
全て想像です!笑笑

 

今からのお話は物語の起承転結の
《起》の部分に値するお話です。

 

番外編なので、続きの承転結は
書き次第投稿しますのでお楽しみに✨

それではどうぞっ📕

 

 

『僕と岩橋杏奈と』第一話

僕は岩橋杏奈に恋をした。

 

.。

 

僕と岩橋杏奈は同じクラスだ。

 

どうやら彼女は見るからに
大人しそうで少し元気が
なさそうに見える。

 

 

まあそんなことはどうでもいい。
僕には関係ないことだ。

 

 

そんな時、
クラスではクラス委員を決める会が
始まった。

 

(面倒だな〜まあ、余った委員でいっか)

 

クラスの人たちの話なんて聞かずに
僕はぼーっと窓の外を眺めていた。

 

 

「岩橋さん、あのさ〜
学級委員長引き受けてくれない?
正直皆んな面倒って言ってるし、
ねえ!岩橋さんだったらいいでしょ?♡」

 

 

・・・クラスでは一番目立つ女子が
どうやら岩橋杏奈に
学級委員長を押し付けているらしい。

 

彼女は断れなさそうな性格だそうで
それを利用する奴がいるらしい。

 

 

(ひどいもんだな、今どきの女は‥)

「ってことで〜学級委員長は
岩橋さんに決定ね〜よろしく〜♡」

(あーあ、結局断れずに
学級委員長になってんじゃんあの子)

 

 

なぜか、
僕は岩橋杏奈のことをその時
気にかけていた。

 

(ってか岩橋杏奈にクラスを任せて
大丈夫なのか?
いやいや今にも泣き出しそうな
顔してんじゃん‥)

 

そのとき、
僕はとっさに立ち上がって、

 

 

『あの、じゃあ僕が副委員長引き受けます、
岩橋さん一人だと可哀想なので。』

 

 

と、言っていた。

 

「、、、ふーん、
じゃあ副委員長よろしくねー♡
みんなもそれでいいよねー?」

 

目立つ女子供がそういう成り行きで
クラスの意見を賛同させた。

 

ひょんなことから
僕と岩橋杏奈は委員長と副委員長に
なってしまった。

 

なぜ僕はあの時岩橋杏奈を
放って置けなかったのだろう。

 

僕の心がもやもやした。

 

 

(いや、ただ可哀想に思っただけだよな。
まー委員は面倒だけど
女の子一人に任せるのはなんか違うし、
押し付けられて泣きそうだったもんな。
ったくまじで協調性のない
クラスだよなー。)

 

 

なんて考えながら
僕は休み時間に岩橋杏奈に
話しかけることにした。

 

 

「・・・岩橋さん、大丈夫?
押し付けられてたみたいだけど‥
まあ僕も副委員長になった訳だし、
よろしく」

 

『‥あ、よろしくお願いします』

 

(なんだ普通に話せるじゃん
てか、初めて話したよな〜
話したことなかったっけ)

「早速、放課後に委員会議が
あるらしいから一緒に行こうぜ」

 

『わかった』

 

 

〜〜キーンコーンカーンコーン〜〜

 

放課後になった。
僕と岩橋杏奈は委員会議へ向かった。

 

岩橋杏奈は意外と身長が高い。
見た感じ162センチはあるっぽい。

 

そんなどうでもいいことを
考えながらぼーっと委員会議を聞き、
いつのまにか委員会議は終わっていた。

 

「ねえ、岩橋さん。
本当は委員長とか
やりたくなかったでしょ?」

 

そんなことを聞いてみた。

 

 

『‥いや、べつにどっちでも
良かったけど、断れなくて‥』

「だと思った、泣きそうだったでしょ
さすがに可哀想だったし、
岩橋さん弱々しそうだから」

『なんか、ありがとうね。
‥本当はこういうの得意じゃなくて、
弱くて。だからキミが
こうやって助けてくれて、嬉しいよ』

 

 

岩橋杏奈は申し訳なさそうに
微笑みながらそう言った。

 

そんな彼女を見たら
なぜか僕の心はギュッと
締め付けられていた。

 

なぜ僕はあの時、
岩橋杏奈を助けようと思ったのだろう。

 

もしかしたら、
僕の心のどこかで
僕は岩橋杏奈を気に
かけていたのかもしれない。

 

 

「そっか‥じゃあ僕でよければ
いつでも頼ってよ」

『うん、ありがとう。』

 

 

そんな僕が僕の気持ちに気づくのは
もう少し先のお話だ.。

【続く】

応援☆少女 岩橋杏奈

 

 

岩橋、人気の記事はこちらです。

名古屋は大須のアイドルBSJあんなのページへ 

 

あんなの記事へ

 

名古屋は大須のアイドルBSJ岩橋杏奈のページへ 

 

 

名古屋は大須のアイドルBSJ出演のテレビとラジオ

名古屋は大須のアイドルBSJworks 

📻勝手に応援BSJ!
毎週火曜日夜8時~
@FM (80.7MHz)でオンエア中

📺勝手に応援バラエティ ダレヤネン!
毎月第一木曜夜10:50~
三重テレビ&第3日曜夜8時~
ぎふチャンで放送中

■愛知県赤十字血液センター公認ソング
収益金はすべて
骨髄バンクに寄付をしています。

 

 

名古屋のアイドルシアター:大須BSJシアター

名古屋市中区大須3-30-40
万松寺ビル2階

営業時間オープン日
11時〜23時まで

通常平日
15時〜23時土日祝
11時〜23時(シアターレンタル時は貸切)

 

BSJシアターの行き方

-岩橋杏奈
-,

Copyright© 名古屋は大須のアイドルBSJ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.